CADの導入を考えている!どんな利点と欠点があるの?


そもそもCADってどんなもの?

CAD(キャド)は、コンピューターで設計を支援するためのツールのことです。このCADには、平面や立体図を作成する二次元CAD、二次元以外にも三次元も作成できる三次元CAD、各分野に特化した専用CAD、様々な分野で使える汎用CADがあります。CADといっても、いくつかの種類があり、目的に合ったツールを選ぶことが可能です。

導入する際の利点と欠点

CADの大きな利点が時間短縮です。手書きで図面を書くには、多くの時間を要しますが、CADを使えば線の太さや種類なども簡単に均一にすることができて短時間で図面などを作成することが可能です。手書きでは修正するのは容易ではありません。しかし、CADであれば、修正や削除なども簡単ですし、紙で保存する必要がないので保管場所にも困りません。また、データ化されているので、手軽に複数の人と図面を共有することも可能です。データが共有できるので、分担作業で制作する場合でも生産性が向上します。

CADの導入は、利点しかないようにも思えますが、欠点とも言える点が初期費用やメンテンナンス費です。CADのソフトだけでなく、PCやプリンターなどを用意する必要がありますし、ソフトがバージョンアップすればそのための費用も必要になります。三次元CADの導入を考えている場合には、PCも高スペックのものを要求されます。また、種類も色々あることから、適した製品を選ばないと、逆に作業効率が低下する原因ともなります。CADを導入する際は、この費用面や操作性などをよく考慮した上で検討することが必要です。

電気CADは記号を配列するだけですので簡単です。レイアウト変更や修正も簡単できれいに仕上げることができます。