ストレスによって起こる症状とその危険性を知ろう


ストレスによって病状が悪化する

ストレスが心身に引き起こす状況に関しては、医療機関をはじめ多くの人に認知されるようになりました。実際にストレスによって病気になる人は珍しくなく、その前兆として身体にさまざまな症状が現れることも知られてきています。生理的なストレスにおける反応としては、交感神経などに及ぼすものだけではありません。消化器官や免疫機能の低下といった部分にも現れるといわれています。

ストレスによって重篤な病気を引き起こさないために、普段の生活で違和感を覚えたら、なるべく早く心療内科を受診することを勧める医師は少なくありません。心療内科はストレスによる身体の変化に対して理解が深いからです。予約制を取っているところや紹介制度をとっているところもあるため、あらかじめ内科などで紹介状をもらうようにしましょう。

具体的に現れやすい病状

多くの人がストレスによって感じやすくなる症状としては、急に汗が出たり呼吸が苦しくなることや、ある考えが頭から離れないことなどがあげられています。眠れないことや夜中に何度も目が覚めること、イライラしたり気持ちが落ち込むことなどもあげられていますので、思い当たる時には医療機関を受診しましょう。

人によってはうつ病などの症状でもある、やる気が起きなかったり、今まで楽しかった趣味が楽しくなくなってしまうこと、仕事や勉強に集中できないなどの症状がある人も少なくありません。心は目に見えないからこそ、ストレスの影響によって病状が悪化していても我慢をするという人もいるといいますが、今耐えられる症状が悪化して深刻な病気を引き起こしかねません。近くの医療機関を、すぐに受診してください。

岡山の心療内科とは、この岡山県にて精神症状などにより起こる心身の症状を、治療するための医療施設のことです。