LEDの照明って何処がいい?メリットを知っておこう


電球の交換が少なくて済む

LEDの照明器具は電球を交換する機会が減るというメリットがあります。これはLED電球の寿命が長いことが原因です。LED電球は長持ちするのが特徴ではありますが、使用方法によって消費の度合いが変わります。LEDは長時間つけっぱなしにするという使用方法には向いていません。これは長時間の発熱によって、電球が故障してしまうケースが考えられるからです。つけっぱなしには向いていませんが、つけたり消したりを繰り返すような使用方法には向いています。そのためお風呂やトイレといった短時間で電気を消してしまうような場所で使用するのがオススメです。

消費電力が少なくて済む

LEDの電球における特徴的なポイントとして、消費電力の少なさが挙げられます。消費電力が少なければ、電気代が下げられるため、家庭に優しい照明と言えるでしょう。また消費電力が少ないことによって、二酸化炭素の排出量が減少するといった結果も出ています。そのため家庭だけでなく、地球環境にも優しい電球だと言えます。

従来の白熱電球では虫が寄り付いてしまうという難点がありました。これは紫外線の放出が原因だと考えられています。一方でLED電球は紫外線の放出がありません。その結果、虫を寄せ付けない電球となっています、虫を寄せ付けないことで、室外での使用も可能になるでしょう。夜間の外出にもLED電球の照明器具を持ち歩けます。LED電球は衝撃にも強いので、壊れにくいのもメリットです。

価格面では白熱電球よりも高くなっていますが、長期的な使用が可能であるため、コストパフォーマンスが高いアイテムでもあります。

掲示物を背面から照らしだす内照式フレームです。LEDライトパネルなら、従来の行灯型パネルよりも明るく照らせます。なので掲示物がよく目立ち、綺麗に見えます。