膣の緩みの原因は何?悩みは治療で解消しよう!


ゆるみが確認できる症状

女性には男性にはない特有の悩みがありますが、膣の緩みで悩む人も少なくありません。

どのようにして、ゆるみに気付くのかということとなりますが、わかりやすい症状としては尿漏れがあげられます。重い物を持った際に漏れる、トイレが近くなるなどで変化に気付く場合があります。さらにお風呂に入ったときにお湯が入ってしまうことで気づく人もあります。

この他では、性行為の際に空気が入り、音がするという症状が出る人もありますし、パートナーに指摘されて気づくという例もあります。

改善のためにはその原因も知っておきたいですが、特に大きな原因としては、出産により骨盤底筋がゆるむということがあげられます。

そして、出産を経験していない人も加齢などの影響で骨盤底筋が衰えて、膣のゆるみにつながることもあります。

様々な治療方法があります

膣のゆるみも症状が軽い場合は努力で改善できる可能性もありますので、トレーニングなども取り入れてみましょう。

努力をしていても良い改善が得られないという場合は、治療による改善も考えていきたいところです。治療方法にも色々な種類がありますが、軽度の場合であればプチ整形でよく利用されているヒアルロン酸注入も効果的ですし、重度の場合はメスを使った手術も検討していくこととなります。

最近では新しい治療も登場し、ウルトラヴェラを取り入れるクリニックも増えています。

この治療はHIFUをエネルギーを照射することで膣内のコラーゲン再生を促進し膣を引き締めていきます。デリケートな部位の治療となると不安を感じる人もありますが、痛みも出血もなく麻酔をせずに行える治療です。

メスを使う治療に抵抗がある人にも取り入れやすい方法と言えるでしょう。

膣圧とは、骨盤底筋が収縮することで膣内にかかる圧力をさします。骨盤底筋は膀胱や尿道、子宮を支える筋肉なので、骨盤底筋が弱ると排せつ機能も弱まります。