どのような治療で改善できるの?処女膜強靭症の治療を知る!


強い痛みや出血を伴う

性行為はカップルの仲をより良好なものにするのに役立ちますが、その性行為に悩む女性は少なくありません。

性的な経験の少ない女性は性行為をしてもあまり気持ちよく感じない、痛みがあるなどの悩みを持つ人も多いですが、回数を重ねるごとにそうした悩みも解消できることも多くなっています。

いつまで経っても強い痛みがある、出血がある、挿入がうまくいかないなどの場合は処女膜強靭症の可能性もありますので診察を受けてみることも考えてみましょう。

処女膜が強靭であっても、特に普段は自覚症状があるわけではないので、性行為を行うまで気づかないという人は多いものです。

放置しているとパートナーとの仲に影響が出る可能性もありますし、将来の出産にも難産の原因になるかもしれません。

女性にとってはつらい悩みの一つですが、治らないというわけではなく適切な治療で改善できることも多くなっています。

日帰りで治療が可能です

性行為がうまくいかない原因のひとつには膣の潤いが足りないことがあげられますので、ローションなどでの対応も考えてみましょう。

膣がもともと狭い場合や処女膜が強靭な場合は切開や切除による治療で改善することができます。

デリケートな部分にメスを入れることとなるので不安を感じる人もあるかもしれませんが、治療自体は短時間で終わることができますし、入院の必要はありません。

治療中は麻酔も行われますので、痛みを感じずに手術を行うことができます。

シャワーは当日から可能となっていることが多いですが、入浴や性行為がいつから再開できるのかはよく確認しておきましょう。

処女膜強靭症は処女膜が通常より厚く、性交渉のたびに強い痛みと出血を伴います。性交渉をするのが怖くなったり、不妊症になってしまうリスクがあります。パートナーが嫌で、性交渉を拒むわけではありません。