CADを使うとこんなに便利!どんなことができるの?


製図を描く時に使うもの

CAD…という言葉を見たり聞いたりすることはよくあると思いますが、CADが何なのか知っている人はあまりいません。簡単に説明するなら、パソコンで製図などを書くときにつかうツールだと言えます。建築、土木、機械などの分野では、設計を効率化するために利用されています。精密な部品を制作する時には、寸分の狂いも許されません。そのような場合、CADを使うことで正確な製図を作ることができます。

データ化して使うメリット

同じ図面でも手描きの図面とCADで描いた図面とでは全く違います。CADの大きな特徴は、描いた図面がデータとして扱える点です。図面がデータだとコピーも貼り付けも一瞬ですし、データとして送れば相手方も受け取りやすいです。データだからこそ、修正したい部分だけを簡単に直せるのも良いところです。CADを使えば複数の図面の管理も楽になるし、業務自体もスピーディーになりますから、残業も減らすことができるでしょう。

CADが当たり前になる…

CADが普及した理由は、手描きよりも簡単で早く描くことができるからです。図面の手描きだとまず初心者には無理ですし、一人前になるまでに相当な年月がかかります。会社で使う図面は、担当者同士でやり取りすることも多く、CADで描いたデータならメールで送ることができますから、大変便利で効率もいいのです。相手先の会社に確認する時なども、わざわざ印刷をかけて持っていく手間もありません。将来的には、CADで描くのが当たり前になると思います。

水道工事に関わる配管図面や申請書などを水道CADを用いて設計することにより、設計・申請書作成業務を効率化します。また、手書きよりも正確で綺麗に作成することができます。